*

終活

浮気調査は探偵に頼む

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

探偵におねがいすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。



自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。だからといって、パートナーを責めてみても、「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件を引き出して離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)することは不可能です。

有利に離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)するためにも、確かな証拠が必要です。
配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をみつけることもできる可能性があります。



まず、普段は利用しないようなよくコンビニエンスストアのレシートを目にすることが多くなったら、その近辺に普段から何度も行っていることになるのです。
その場所でずっと見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかも知れません。


どのような行為をしているか記すことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。基本的には、日々の行動には決まったパターンがあります。



けれども、浮気をすると、その習慣が変わってしまいます。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れ立ところを確認できたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の裏付けがしやすくなります。

探偵事務所の探し方として、口コミを確認する方法があります。


間違えないでいただきたいのは、該当する探偵事務所の公式サイトにけい載されているような口コミではなくて、全然関係のない掲示板や相談サイトにアップされている口コミを確認して下さい。
その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、信頼性は高いものになるはずです。立ち寄る場所がわかる機械(日本の技術は本当にすごくて、そんなことまでできるの!?というものが多いです)を利用して、良く行く場所を調べて、張り込んでいると、必ず来るはずなので、不埒な行為を押さえることができるでしょう。
懐具合が心持とないときには、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、方法の一つです。


位置がわかる機械(日本の技術は本当にすごくて、そんなことまでできるの!?というものが多いです)が仕込まれていることが発覚することがあります。

料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと報酬が得られないという不安があるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。



そのように考えると、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。
調査に対する実績なども確認して、明瞭な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。



浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。
浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。
それとは逆に、この日は浮気し沿うだという日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。



浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

沿うはいっても、探偵に調査をおねがいするのは高額なので、どんな人にも簡単に依頼する事が出来るとはいえません。



探偵へ浮気調査を頼んだら、費用は幾らぐらいかかるのでしょう?探偵事務所が変われば価格はそれぞれ異なるので、調査を依頼する前には見積もりをおねがいするといいですね。不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。
離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)しなくても慰謝料を請求する事が出来ますが、額は低くなるのです。また、不倫の相手が浮気を認めない際は根拠が必要です。



どの人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。探偵による調査は高額ですから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。テレビドラマだと尾行は大変沿うに見えませんが、現実とフィクションはちがうもので、相手に悟られず尾行をするのは想像以上に難しいはずです。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかも知れないのです。


相手の行動を見逃さないためには、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。
ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行っておぞましい戦場になるシーンは、映画やドラマでよく描かれます。夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、殺傷沙汰にまでなってしまうサスペンスドラマも少なくありません。
情事の現場へ乗り込むのもあっていいやり方でしょう。

離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠を掴む事が可能です。相手がおかしいと思った時、自分で証拠を集めようとするでしょう。

けれども、浮気の証拠を自分だけで集めようと思っても、相手に感づかれてしまう可能性が高いでしょう。
理由としては単純で、相手があなたの顔を知っているからです。日々、相手の生活の様子を目を配っておくのは自分ひとりでできないことではありませんが、言い逃れのできないような浮気の証拠を手に入れるためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方がミスありません。
それに、探偵に頼んだ場合には、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験から、多様な助言を貰えるということも、貴重なのです。依頼された調査だけをちゃんとやる探偵ならばいいのではありません。浮気の事実があるのか調査していると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。


沿ういう時に、一番に依頼人のことを優先的に思ってくれるような探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。



信頼できる探偵の見分け方は、相談した時の対応などで慎重に判断する事を心掛けて下さい。浮気調査で肝要なのは、本当に相手が浮気しているかの調査です。
確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、怪しまれぬよう監視をつづけ、不倫相手の正体を確認するのです。
身なりを確認して浮気の事実を突き止めることができます。浮気をすると、分かりやすく現れるのは格好の変わりようです。


それまではお洒落には興味がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら用心しましょう。

今後、浮気をし沿うな人がいたり、浮気している人がいるかも知れません。探偵がおこなう浮気調査でも失敗したりするようです。


探偵が浮気調査に精通しているといっても、思わぬミスをすることがありえます。


パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。それか、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には尻尾を掴みようがないです。浮気調査の費用を節約する方法は、自分でできる範囲までは事前に調査してから調査会社へ依頼することです。難し沿うにきこえてしまうかも知れませんが、実際そんなことはないのです。



毎日、パートナーの行動記録を付けておけばいいのです。
毎日の出勤時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくといいですね。立とえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかむことが可能です。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使うことは当然考えられます。近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする事も多くなりましたが、やはり、相手の声を聴きたい、話したいと思う可能性は十分あります。


ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。
浮気の事実関係を委託調査する際には、法外に低料金だったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、詳細なプランや金額が設定されており、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所がお奨めです。



そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前に調べておくべきです。法外な調査をしているところには依頼は控えた方がいいですね。

自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は頭に血がのぼってしまうかも知れません。

どんな人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多数確認されています。スムーズに物事を進めるためにも何よりも、証拠を入手するために、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。



浮気調査の依頼をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、浮気をしているかの確認を調査員1人でおこなう場合が多いです。
浮気をしていることがはっきりとしたら、再度相談をして調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。探偵に浮気調査をおねがいして、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。心から信用のできない人間とこの先の長い時間を供に過ごすことはストレスは相当なものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかも知れません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。


まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねて根気よく調べていきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、まず身分を明かしておいて正面からの調査をおこなう傾向にあります。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、興信所はというと、対象に関する情報の収拾に適していると言っていいでしょう。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内所以は「実費」と「時間給」です。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、フイルムや現像料などをいいますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるでしょう。


また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。調査にかかる期間が短くて済めば支払いも安くすみます。


もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する側になっ立とすれば、まず最初に相手のことを知らなればなりませんし、不倫関係が継続している事を、形として確保しなくてはなりません。

それには探偵の浮気調査が有用で、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、経験に裏打ちされた、ミスのない形で十分な証拠を整えて貰えます。着るものが今までと違った系統になってきたら、怪しい兆候です。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、格好よく見えるようがんばっていたりすることもありえます。突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装をセレクトし出したら、すごく怪しい臭いがします。服の中でも、きれいな下着を身につけるようになったら、浮気をしているかも知れません。
本人が知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、しっかりした機材と技術が必要になります。

浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にはできません。

浮気の調査を探偵に任せると、超小型の機材を使い相手にバレないように鮮明に写真におさめることができます。
不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士がいいでしょう。離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談しましょう。


また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するようにして下さい。相談者が女性の場合、近所の奥さんやユウジンを相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、どんなことがあっても止めましょう。

カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。
カーナビ上の履歴を見ることで、浮気相手とドライブデートし立というところを見つけられることがあります。



あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意しなければいけません。そして、よく給油されていた場合、車で会っている可能性はゼロではありません。